PR

ニュース 経済

エプソンダイレクト、「幅45mmのコンパクトな筐体」と「高い処理能力」を併せ持つデスクトップPC「Endeavor ST200E」新発売

 エプソングループのエプソンダイレクト株式会社(本社:長野県塩尻市、社長:河合保治)は、幅45mmの省スペースデスクトップパソコン『Endeavor ST200E』を新たに発売し、オンラインショッピングサイト(https://shop.epson.jp/)とコールセンター[ご購入相談およびご注文窓口](電話0120-545-101<通話料無料>)を通じて11月16日より受注を開始しました。

 【特長】

 ■A4サイズのファイルよりも小さく、性能にもこだわったPC

 幅45mmのコンパクトな筐体にインテル? Core? i7 プロセッサー、最大64GBメモリー、2TBのM.2 SSDが搭載可能。インタフェースはUSB Type-Cを含む全8ポートを用意し、省スペース性と処理能力、拡張性を高い次元で実現しました。オフィスワークはもとより、高精細な画像、映像の処理にも余裕を持って対応できるパソコンです。

 また、高速性と信頼性を両立するハードウェアRAIDが選択可能で、万が一の時のシステムのダウンタイムを最小化します。

 ■病院やクリニックでの業務、システムへの組み込みなど様々な用途に使用可能

 白を基調としたシンプルなデザインが医療現場にマッチ。電子カルテ、予約管理、レセプトPC、医療事務など様々な用途に使用でき、オンライン診療端末にも適しています。発券機やバーコードリーダー等に対応したシリアルポートを搭載することができ、各種システムへの組み込みにも柔軟に対応可能です。

 また、組み込みシステム向けに提供されているOS「Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC」を標準搭載した「Endeavor JS200」も販売を開始しています。

 『Endeavor ST200E』の詳細はこちら

 →https://shop.epson.jp/pc/desktop/st200e/

動画プレスリリース・動画ニュースリリース詳細へ

PR TIMES TVトップへ

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ