PR

ニュース 経済

【地域の経済格差解決へ】未経験女性でも自宅で仕事ができる『WEBサポート実践ラボ』開講!

eightsuマーケティング株式会社

 地方に住む女性の自立支援、1期満席のため2期優先案内募集11月9日(火)まで

 女性向け商品サービス販売サポートのeightsuマーケティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高木つぐ美、以下エイツマーケティング)は、一般女性の自立支援としてフリーランス仲間の後藤、深堀と一緒に『WEBサポート実践ラボ』を11月10日に開講する。https://eightsumarketing.co.jp/web-support-labo/

 不安定な時代を生き抜く為、被雇用者やパートタイムアルバイト者は生活の不安やスキル不足ではないか?と先が見えない問題を常に抱えている。

 そのため、副業や主婦でも自宅でリモートワークができるWEBマーケティングスキル(SNS・ブログ活用)を1から身につけ、地方に住んでも東京と同じ賃金やレベルで仕事ができるよう地域の経済格差解決へ導く。

この企画の背景

 全国の最低賃金が今年10月に改定され(厚生労働省発表)ても、地域の経済格差はまだある。

 一番高い東京1,041円、一番低い沖縄・高知820円、そして平均は930円。

 エイツマーケティング代表高木の実家、宮崎では時給821円。起業初期に宮崎で祖母を介護しながら地域密着の仕事だけでは難しいと苦戦した経験があり、WEBマーケティングを習得したことで法人化まで成長できた。その経験から地域の経済格差の現状に何かできないかと考えた。

 東京にいるからこそできる最新の情報提供とマーケティング会社だからできるWEBマーケティングスキルを未経験の一般女性にも身につけてもらえるよう『WEBサポート実践ラボ』を開講する。

2つのステップでスキルアップも可能

1、自分自身のビジネスで収益化をまず目指す。2、次のステップとして希望者(基準クリア者)には案件を受けるチームに参加してもらい、一緒に法人企業や個人事業主のWEBサポーターとして案件を進めることが可能。

 1期は数日で満席となり、2期の優先案内も定員約半分ほど希望が殺到している。11月9日まで優先案内を募集中。https://eightsumarketing.co.jp/web-support-labo/

 また、1期参加者の8割が地方在住で広島、新潟、大分、徳島、和歌山などいろいろな地域の方が参加。

 地方でも自宅でリモートワークが出来て、スキルアップと賃金アップの両方が可能になると、やりがいもありライフワークバランスも整い女性たちの理想の生活が過ごせるようになる。

 さらにWEBマーケティングできる女性が増えると地方活性化にも繋がり、これからの発展が期待できる。

 eightsuマーケティング株式会社とは?

 女性向け商品サービス販売の専門家として買った人まで喜ぶマーケティングを志し、クライアントや自社ともに成長することをミッションとする会社。

 特にSNSやブログ活用が得意で広告費を削減しつつ、商品サービスの開発から認知拡大・売上向上のサポートもしている。

 また、女性が起業や副業でやりがいを持つと、家庭も社会も良くなる考えを広げるため、分析起業スクール(R)やWEBサポート実践ラボを運営している。

 コンサルティング実績:累計450名(一般個人)

 大手化粧品会社や中小企業サポート等の実績15社以上あり

https://eightsumarketing.co.jp/

 共同運営者情報

後藤愛

 フリーランスWEBディレクター・ライター

 Twitter5,000人、Instagram5万人のフォロワーがいるマイクロインフルエンサーでもある

 ・Twitter運用代行(広告ゼロで1,000人増)

 ・インスタ運用代行(運用2ヶ月で2,000人増)

深堀明日香

 メンタルケア・マインドサポーター

 『マインドが変われば行動も結果も変わる』をモットーに、クライアントの予想を4倍こえた結果へ導いた実績あり

 会社概要

 会社名 eightsuマーケティング株式会社

 代表者 高木つぐ美

 設立 2020年8月

 所在地 〒107-0062

 東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山942

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ