PR

ニュース 経済

取締役会の運営管理プラットフォーム『michibiku(ミチビク)』を提供開始~重要会議の透明性と客観性を高め、適切な意思決定を促す~

ミチビク株式会社

 ”コーポレートガバナンステック”で企業の中枢からDXを推進する

 ”コーポレートガバナンステック”で「経営を、あるべき姿へ導く。」ミチビク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO 中村 竜典)は本日9月29日より、コーポレートガバナンス領域に課題を抱えやすいIPOを検討するベンチャー企業や上場企業に対して、取締役会等の重要会議の運営管理プラットフォーム『michibiku』(https://www.michibiku.co.jp/)の提供を開始します。アナログをデジタルに置き換えることで、これまで課題となっていた重要会議の運営の手間と情報分散をなくし、会議情報を一元管理。DXを推進することで、運営管理にかかる時間を削減しながら、情報漏洩や紛失・改ざんのリスクを低減します。運営管理における見えない「不」をなくし、組織の経営をあるべき姿に導く支援をします。

 2021年6月、金融庁と東京証券取引所がコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)の改訂を発表するなど、近年「コーポレートガバナンス強化」の動きが加速しています。

 事業環境が大きく変化する昨今、企業の持続的成長と中長期的な企業価値向上を図るために、取締役会には適切な意思決定と実効性の高い監督が求められます。しかし「意思決定のための情報の不足」「適切な議論の時間不足」といった会議運営自体の問題に加え、「社外取締役が機能していない」「長年の組織風土」など組織面の根深い課題によって、取締役会の機能不全が指摘され、大きなインシデントがたびたび報道されています。また、コーポレートガバナンスの健全性については海外を含む機関投資家からの注目も高く、欧米に比べ日本企業の対応の不足が指摘されています。

 『michibiku』は、取締役会を始めとした、重要会議の資料とコミュニケーションを集約することで、適切な情報提供を実現し、議論の活性化に貢献するサービスです。重要会議の管理をDX化することで、会議情報を一元管理し情報漏洩や紛失・改ざんのリスクを低減、また、アナログ作業だった事前事後の業務を効率化、スムーズな会議運営を支援します。これによって、上場企業・スタートアップの最高財務責任者(CFO)・経営企画チームが本来あるべき情報収集・提供にリソースを投資できる状態を作り、より実効的な議論の機会を創出、取締役会の機能発揮がなされることで、日本企業の成長を促進することに寄与したいと考えています。

■ サービス概要『michibiku』

 取締役会を始めとした、重要会議の資料とコミュニケーションを集約化することで、適切な情報提供を実現し、議論の活性化に貢献するサービスです。

 招集通知・議事録・印鑑をクラウドに置き換え、取締役会管理をDX化することで、会議情報を一元管理し情報漏洩や紛失、改ざんのリスクを低減、また、アナログ作業だった事前事後の業務を効率化することで、スムーズな会議運営を支援します。

 上場企業・スタートアップの最高財務責任者(CFO)・経営企画チームが本来あるべき情報収集・提供にリソースを投資できる状態を作り、より実効的な議論の機会を創出、取締役会の機能発揮がなされることで、日本企業の成長を促進に寄与したいと考えています。

 ・サービス名:michibiku

 ・提供開始日:2021年9月29日(水)

 ・対象企業:上場企業(大手・中小)、IPO準備企業

 ・URL:https://www.michibiku.co.jp/

<特徴>

 michibikuでは、誰でも簡単に会議の運営・管理ができ、コーポレートガバナンスの強化を進められるよう、下記の特徴があります。

 1. 紙とハンコからの脱却

 取締役会運営に必要な招集通知や議事録の作成や回覧、電子署名の捺印、書類の管理をクラウド上で行えます。そのため、これまでの紙とハンコを用いたわずらわしい業務から解放されます。

 2. 文章入力アシスト

 法令に準拠した議案・議事録の文章内容をアシスト入力します。この機能により、調べる時間の削減や法令違反リスクの低減ができます。(専門家監修)

 3. 取締役会情報の集約

 管理クラウド上で取締役会運営に必要な書類の管理ができるので、書類の作成漏れや紛失がおきません。関係者との共有や、作成状況の視える化も行えます。

 また、導入前後で下記のように業務フロー改善を進めることができます。 *機能については適宜追加

■ “コーポレートガバナンステック”とは

 ”コーポレートガバナンステック”とは、コーポレートガバナンスとテクノロジーをかけ合わせた造語です。

 企業が、株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等の立場を踏まえた上で、透明・公正な意思決定を行うための"仕組み"「コーポレートガバナンス」における課題解決に活用するテクノロジー、またそれに関連するサービスを指します。

 企業価値向上における指標・管理の仕組みについての領域、企業の不正行為防止を図るための情報管理についての領域、そしてこれらを集約し意思決定を行う場である取締役会など重要会議の運営のシンプル化・効率化に関連する領域の3つに分けられます。コーポレートガバナンス(企業統治)を行う上で複雑化・煩雑化していた業務を単純化・効率化する活動として欧米を中心に取り組みが始まっています。

 日本でも、コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)の改訂をはじめとした、東証の市場再編によるコーポレートガバナンスの対応強化の動きや、海外投資家向けのIR戦略を考える企業の増加などから、攻めのコーポレートガバナンスの重要性が増しています。また、相次ぐコーポレートガバナンスを起因とした不祥事の発生によって、守りの観点でもより一層の強化が求められています。

 海外ではフォーチュン1000にランク入りする企業の50%、FTSE100では70%と、上場企業の多くで重要会議専用ソフトウェアが使われ始めるなど(Diligent reportより)、”コーポレートガバナンステック”の動きが加速しています。国際的な潮流と日本のDX推進の流れから、日本においても今後の普及が望まれています。

■ 代表略歴 代表取締役CEO 中村 竜典(なかむら たつのり)

 1988年生まれ。愛知県出身。

 2007年、高等学校卒業後、トヨタ系企業に現場作業員として入社。2011年に一念発起し、公認会計士を目指す。PwCあらた有限責任監査法人に入所、東証一部上場企業を中心に財務諸表監査、内部統制監査業務等に携わる。この間に、公認会計士ライセンスを取得。

 株式会社OKANに入社し、コーポレート責任者として資金調達、経理、経営企画に従事。合わせて組織開発や労務、法務、マーケティングにも携わる。並行して複数のスタートアップでIPO支援を行い、2021年ミチビク株式会社を起業。

■ 会社概要

 「経営を、あるべき姿に導く。」をミッションに、国内における”コーポレートガバナンステック”の先駆者として、企業において適切な意思決定がなされる世界を目指しています。

 これまでDXの空白地帯だったコーポレートガバナンス領域のアップデートを加速してまいります。

 2021年9月より、取締役会等の重要会議の運営管理プラットフォーム『michibiku』を提供。取締役会管理のDX化による会議情報の一元管理・業務の効率化で、より実効的な議論の機会を創出。取締役会の本質的な機能発揮を実現します。企業の重要機関における最適な場づくりをサポートし、日本企業の成長促進を支援します。

 ・名称:ミチビク株式会社

 ・所在地:東京都渋谷区神宮前6丁目23番4号 桑野ビル2階

 ・代表者:代表取締役CEO  中村 竜典

 ・設立:2021年4月13日

 ・事業内容:重要会議の運営管理プラットフォーム「michibiku」の運営、コーポレートガバナンスのコンサルティング

 ・URL:https://www.michibiku.co.jp/about

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ