PR

ニュース 経済

血管破壊剤(VDA)市場、2021年から2030年にかけて健全に成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション

 株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「血管破壊剤市場:2021年~2030年」(Roots Analysis)の販売を9月27日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/root1017510-vascular-disrupting-agents-market-indications.html

市場の概要

 WHOによると、がんは世界の主要な死亡原因の一つであり、2020年の死亡者数は1,000万人と推定され、2030年には1,300万人に達すると予測されています。さらに、診断されたがんの90%は固形がんであり、これらのがんの治療のために多数の新規抗がん剤治療が開発されています。過去5年間で、米国食品医薬品局(USFDA)は、さまざまな種類のがんの治療に100種類以上の薬剤を承認しています。しかし、世界人口の増加に伴い、危険因子やがんの原因となる物質が増加しているため、生命を脅かすこの複雑な臨床症状に対処するために、より特異的で強力な薬剤/治療法が急務となっています。固形腫瘍は、急速に成長する悪性細胞の塊を形成するという本質的な性質を持っているため、血管新生と適切な血液供給が腫瘍集団の生存に不可欠です。そのため、腫瘍の血管系は魅力的で有望な治療ターゲットであり続けています。血管破壊剤(VDA)は、確立された腫瘍血管系を標的とし、それによってがん組織への血流を遮断する治療的介入です。

 現在、大腸がん、膠芽腫、肝細胞がん、肺がん、メラノーマ、卵巣がんなど、さまざまながんの治療薬として、複数の低分子VDAが開発されています。さらに、VDAと従来の化学療法、放射線療法、放射免疫療法を組み合わせた併用療法は、複数の動物モデルで優れた臨床効果を示しています。なお、この分野の研究開発は米国国立衛生研究所の支援を受けており、2016年以降に交付された研究助成金は9,500万米ドルに上ります。臨床研究の進展に後押しされて、このニッチではあるが新興の分野は、今後10年間で健全な成長を遂げることが期待されており、この分野のパイオニアは、市場での先行者としての優位性を得ることができるでしょう。

 【 無料サンプル 】

 当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。

https://www.gii.co.jp/report/root1017510-vascular-disrupting-agents-market-indications.html

 【本件に関するお問合せ先】

 販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

 TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)

 E-mail:dbm@gii.co.jp

 URL:https://www.gii.co.jp

 【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】

 1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

 創立:1995年

 所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

 事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売

 市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp

 委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

 国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ