PR

ニュース 経済

懐かしの漫画雑誌『わんぱっくコミック』が電子復刻、「わんぱっくコミック・リバイバル」が順次刊行!

徳間書店

 株式会社徳間書店(本社:東京都品川区上大崎 代表取締役社長:小宮英行)は、昭和60~64年に刊行していた漫画雑誌『わんぱっくコミック』をデジタル化して、シリーズ「わんぱっくコミック・リバイバル」として、掲載作品を電子書籍で単行本化して刊行いたします。■配信開始日 2021年8月16日(月)※以後、毎月中旬に5点を配信予定■配信価格 本体価格:900円(税込価格:990円)

『わんぱくコミック』(昭和63年11月号)表紙

 『わんぱっくコミック』は昭和60年に臨時増刊として刊行した漫画雑誌で、昭和61年5月から本格的に月刊誌化いたしました。読者層は子供向けで、コロコロコミックやコミックボンボンなど小学生の年齢層をターゲットとしていました。当時はファミコンなどゲーム機文化が流行した時代だったので、ゲームのコミカライズ、ゲーム攻略漫画などを中心に構成され、このほかに時代を風靡したラジコン漫画も多く掲載されました。ゲーム文化のピークの後には、流行したシールをテーマとした漫画やオリジナル作品に主流が変わっていったのです。

8月配信作品紹介

8月刊行5点ラインナップ

1.魚戸おさむ「ぐわんばれ!!金太郎」(短編集:全5作)

 テレビドラマ「家栽の人」で有名な魚戸おさむ先生の初期児童作品集。

 (C)2021Osamu Uoto

2.田森庸介「無茶の猫丸」第1巻

 少年剣士である猫丸が、猫姫を救うために魔界に挑戦して成長してゆく。

 (C)YOHSUKE TAMORI 2021

3.寺川枝里子「ヤマブキ」第1巻

 イリオモテヤマネコと和猫の合成(キメラ)獣「ヤマブキ」の古代犬たちとの壮絶な闘い。

 (C)?Eriko Terakawa 2021

4.もりけん「マドゥーラの翼」(短編集:全5作品)

 王国の守護神として覚醒した王家の娘が、国を襲う魔王に敢然と挑む。

 (C)2021もりけん

5.しごと大介+ふくいかんじ「ファミコン突撃隊」

 編集部の舞台裏秘話。熱血編集長の下、ドタバタギャグの嵐!

 (C)2021Daisuke Shigoto (C)2021Kanji Fukui

配信先(※一部書店は順次配信予定)

 ・Kindleストア(Amazon)

 ・楽天Kobo電子書籍ストア

 ・BOOK☆WALKER

 ・honto

 ・ブックライブ

 ・コミックシーモア

 ・ebookjapan

 ・Renta!(パピレス)

 ・DMMブックス

 など電子書籍を販売するネット書店にて配信予定です。

本件に関するメディア関係者のお問い合わせ先

 【徳間書店デジタル部門窓口】

 株式会社C-パブリッシングサービス デジタル推進部 左田野

 satano-w@shoten.tokuma.com TEL03-5403-4986 FAX03-5403-4384

 【公式Twitter】わんぱっくコミック・リバイバル(@ZOx1obzpflsFhhP)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ