PR

ニュース 経済

「オンラインうまいもん市」開催 北おおさか信用金庫が飲食店など支援

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で厳しい経営を余儀なくされている飲食・食品小売業界を支援するため、北おおさか信用金庫(大阪府茨木市)は21日から、取引先の飲食店の料理や、食品小売店のパン、和洋菓子、飲料、酒などの商品を紹介する「きたしん オンラインうまいもん市~食の彩展in北おおさか」を開催。地域の隠れた名品・逸品を発掘し、販売促進につなげるのが狙い。10月31日まで。

 昨年11月に開設したウイルス感染症対策商品の専用サイト「きたしんマッチングも~る」(https://www.online-bm.net/)内での同時開催。和・洋スイーツ▽パン▽飲料・酒▽その他食材▽洋食・カフェ▽和食▽中華▽その他-の8項目で、地域の商店自慢の商品やイチ押し料理を写真で紹介。商品の特長や価格を掲載する。掲載店舗数は順次増やし、最終的に約150~200社を予定。掲載企業を対象にしたバイヤー商談会も後日開くことにしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ