PR

ニュース 経済

近鉄グループHD 福山通運の株式を売却へ コロナで苦境

 近鉄グループホールディングス(HD)は11日、保有する福山通運(広島県福山市)の発行済み株式17・05%(約835万株)をすべて同社に売却すると発表した。売却総額は約338億円を見込む。新型コロナウイルス禍で経営が悪化している近鉄グループHDは、保有するホテルの売却や人員削減を加速している。

 近鉄グループHDは、福山通運が12日から実施する自己株式の公開買い付けに応募する。買い付け期間は6月8日まで。

 近鉄グループHDは新型コロナ禍を受け主力の観光や運輸事業が低迷し、今月14日に発表予定の令和3年3月期連結決算では過去最大の600億円の最終赤字となる見通し。

 3月には京都市や神戸市などの8つのホテルを米投資ファンドに売却すると発表したほか、グループ各社で人員削減を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ