PR

ニュース 経済

「間違った策」と製薬団体 特許除外支持の米国に失望

ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン
ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 製薬会社や団体で構成する国際製薬団体連合会(IFPMA、本部・スイス西部ジュネーブ)は5日、新型コロナウイルスワクチンの特許権の適用除外を米国が支持すると表明したことを「複雑な問題に対し、単純で間違った解決策だ」と批判し「失望させられた」との声明を発表した。

 IFPMAは、特許権適用除外はワクチン製造量の増加にはつながらず「逆に混乱を招く」として、世界中にワクチンを行き渡らせるためには、貿易障壁の解消や原材料不足などが取り組むべき課題だと指摘。また特許権が保護されているからこそ、発展途上国のワクチン製造業者に技術移転を行うことが可能になっていると強調した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ