PR

ニュース 経済

リモートワークにオフィス勤務、両方使える新ビジネススーツ「Chill Suits (チルスーツ)」が登場!

株式会社銀座テーラーグループ

 株式会社銀座テーラーグループ(本社 東京都中央区銀座)はコロナ禍でのリモートワークやオフィス出勤の減少など、ビジネス環境の変化に対応する新ビジネススーツ「Chill Suits (チルスーツ) 」を販売します。Chill Out (チルアウト)とはリラックスするとの意味から「Chill Suits」と名付けました。ネクタイを締める日とオフィスカジュアルの日も両方で着られる2WAYの新スーツ。ウール100%でスウェットのようなストレッチ抜群の着心地と、見た目はスーツとして高級感のある、まさに新時代のラグジュアリースーツです。老舗テーラーで培われた職人のクラフトマンシップを感じるディテールが随所に。パンツのウエストはゴム仕様でストレスフリー、フロントはドローコード付きなのでよりカジュアルなスタイルも楽しめます。期間限定特別価格にてご提供します。

・ネクタイを締めた日はスーツとして、オフィスカジュアルの日はセットアップとして着られる2WAYスーツ。

 オフィスカジュアルの日はノータイでシャツ姿なら、ドローコードをあえて見せるカジュアルなコーディネートに。(ドローコードとは調整できる留め具つきのヒモのこと)クールビズでも活躍必須です。

 商談や取引先とのミーティングにはネクタイを締めて、ベルトを付ければドローコードが隠せる仕様なので、普通のスーツとして着用できます。

・ウール100%で抜群のストレッチ

 天然繊維のウールなので肌触りもよく、生分解するので環境にも優しい、そして最先端の技術により化学繊維を使用せずにスウェットのようなストレッチ性を兼ね備えたまさにサステナブルな時代にふさわしい素材。当然ながら、ウールならではの光沢とラグジュアリー感はそのまま楽しめます。今までのウールのイメージが変わる快適な着心地です。

・リラックスした着心地を叶えるクラフトマンシップ

1. ウエストはゴム仕様でストレスフリーのドローコードパンツ

 カジュアルスタイルにはコードをあえて見せて着るもよし。スーツスタイルの時はコードをしまえる優れた仕様なので、ベルトを付ければ普通のビジネススラックスとして履くことができます。

2.極力芯地を省いた、高級感あるジャケット

 リラックスした着心地と美観の両方を保つ秘訣はテーラリングで培われた職人技術のなせる技。生地のストレッチを最大限体感できるように、裏地の使用箇所も最低限に縫い上げました。

CHILL SUITS 期間限定 特別価格

 Chill Suits(チルスーツ) ¥374,000 → ¥297,000

 Pants ¥115,500→ ¥88,000

 ※表示価格はすべて税込。

オーダー商品につき、上記の価格はスタートプライスになります。

 ※限定特別価格期間2021年6月末まで。その後は通常価格にてご案内いたします。

GINZA TAILORのグループ系列店のGinzaTailorCLOTHOでもChill Suitsを販売しています。

 詳しくはコチラ↓(※ GinzaTailorCLOTHOはイージーオーダーになります。)

https://ginzatailorclotho.com/chillsuits

 Chill Suits(チルスーツ) ¥82,500~

 Pants ¥38,500~

 GINZA TAILOR

 TEL:03-3571-4129  火曜定休(10:00~19:00)

 MAIL : ginza@gintei.com EC:https://ginzatailorshop.com

 【GINZA TAILORについて】

 GINZA TAILORはオーダースーツを販売するテーラーとして1935年に誕生し、創業当時から技術トーナメントで数々の賞を受賞してきました。 80年以上の歴史の中で、最高峰を求めるクラフトマンシップと創造性を現代に受け継ぎ、バトンを繋げてきました。 素材(服地)は職人による最高の技術によって、究極のスーツへと生まれ変わり、その着心地は「着ている事を忘れてしまう程、体にフィットする」 「気分を高揚させてくれるスーツ」と称賛の声をいただいています。 完成度の高い洋服づくりを叶えるため、1人の職人が1着を縫い上げる 「丸縫い」という希少な生産体制を守り続けています。 それが国内にとどまらず世界の最前線で活躍するVIPをはじめ、多くの人々に愛されてきた理由です。 これからも、GINZA TAILORはEXTREME BESPOKEをコンセプトにお客様に最高峰のビスポーク体験と最高のスーツをご提供し続けます。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ