PR

ニュース 経済

3日の人出、6割超の地点で減少 発令前比、主要駅や繁華街

 NTTドコモがまとめた3日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち6割超に当たる63地点で、4都府県に緊急事態宣言が発令される前の日曜4月18日から減少した。ただ、1回目の緊急事態宣言時だった昨年5月3日比では茨城県の2地点を除く93地点で増加した。

 新型コロナ感染拡大前(昨年1月18日~2月14日)の休日平均からの増減率を4月18日と比較したところ、4都府県では計20地点のうち19地点で減った。兵庫・姫路駅は4月18日が0・3%減だったが、5月3日は52・6%減と52・3ポイント低下した。東京・新宿駅は42・7ポイント、京都・四条河原町付近が39・7ポイント、大阪・梅田は39・1ポイントそれぞれ低下した。

 昨年5月3日との比較では大幅に増加した地点が多く、神奈川・横浜駅が77・8ポイント、愛知・栄駅は72・2ポイント、埼玉・大宮駅西は64・2ポイントそれぞれ上昇した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ