PR

ニュース 経済

浮世絵の処理水揶揄を正当化 中国報道官 「正義の声を反映」と削除応じず

中国外務省の趙立堅副報道局長がツイッターに投稿した、葛飾北斎の代表作を模倣した絵(共同)
中国外務省の趙立堅副報道局長がツイッターに投稿した、葛飾北斎の代表作を模倣した絵(共同)

 【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は28日の記者会見で、葛飾北斎の浮世絵を模倣した絵で東京電力福島第1原発の処理水放出方針を揶揄した自身のツイッター投稿について、「正当な民意と正義の声を反映している。日本政府は誤った決定を撤回して謝るべきだ」と正当化した。日本外務省の抗議や削除の要請には応じない姿勢を示した形だ。

 趙氏は投稿について「日本政府が一方的に福島の放射能汚染水の海洋放出処理を決めたことに対する、中国の民衆の懸念や不満が反映されている」などと主張した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ