PR

ニュース 経済

中国、米代表団と蔡英文総統との会談に反発 「核心的利益に関わる」

記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長=北京(共同)
記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長=北京(共同)

 【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は15日、米国のアーミテージ元国務副長官ら非公式代表団が台湾の蔡英文総統と会談したことに対し、「台湾問題は中国の主権や領土保全、核心的利益に関わる」と反発した。

 趙氏は、米側に「台湾問題の高度の敏感さを十分に認識すべきだ」と強調。その上で「台湾海峡の平和と安定や、中米の重要な分野での協調・協力を深刻に損なわないよう、台湾独立の分裂勢力に誤ったシグナルを出すな」と語気を強めた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ