PR

ニュース 経済

中国、米のアーミテージ氏ら台湾派遣に「断固反対」

記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長(共同)
記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長(共同)

 【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は14日、バイデン米政権がアーミテージ元国務副長官らを台湾に非公式に派遣したことに対し、「中国は、どのような形式でも米台の公的往来に断固反対する」と反発し、厳正な申し入れを行ったことを明らかにした。

 趙氏は「中米関係と台湾海峡の平和と安定にさらなる深刻な損害をもたらさないよう、台湾独立の分裂勢力に誤ったシグナルを出すな」と米側に求めた。

 一方で趙氏は、バイデン大統領の気候変動問題担当特使を務めるジョン・ケリー元国務長官が14~17日の日程で中国を訪問すると発表した。ケリー氏は上海で、中国の気候変動問題担当特使である解振華氏と会談を行い、「中米の気候変動協力などについて意見交換を行う」と表明した。

 中国は温暖化対策を、対立が激化するバイデン政権との数少ない協力可能分野と位置付けて、接近姿勢を見せている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ