PR

ニュース 経済

東京五輪まで100日 スポンサーのキャンペーンが再始動

 東京五輪開幕までの日数の表示が「100」となったカウントダウンボード=14日午後、東京・JR新橋駅前
 東京五輪開幕までの日数の表示が「100」となったカウントダウンボード=14日午後、東京・JR新橋駅前

 新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された東京五輪が14日、開幕まであと100日となる中、スポンサー企業などの関連キャンペーンが改めて動き出している。ただ、国内の観客数をどうするかの線引きが定まらない中、観戦チケットのプレゼントなどには不透明な要素も多く、各企業は大会組織委員会などの今後の方針決定を見守っている。

 「1年の延期を経て、選手団を先導する特別な体験にぜひ参加してほしい」。日本コカ・コーラの担当者は呼びかける。

 同社は1日、東京五輪・パラリンピックの開会式に参加する一部の国・地域の選手団を先導する「プラカードベアラー」として計80人の募集を始めた。平成17年7月1日以前に生まれた人が対象で応募期間は4月30日まで。選出者には5月下旬に個別連絡する。

 アサヒビールは昨年3月に続き、今年も3月30日から観戦ペアチケットが当たるキャンペーンを展開中。今後は五輪関連商品の展開やオンラインイベントを予定している。五輪公式ゲームソフトの開発・販売を手掛けるセガもソフトの購入者を対象に抽選で観戦チケットが当たるキャンペーンを「予定通りに続けている」(担当者)と強調する。

 ただ、五輪の開催をめぐっては不確定要素も多い。競技などの会場に収容する観客数の上限については今月中にも方向性が示されるとみられているが、現在は未定。結果次第では各社のチケットのプレゼントキャンペーンなどの実現が危ぶまれる可能性もある。

 LIXIL(リクシル)は、令和元年10月1日から12月27日までキッチン設備などを契約した顧客を対象に、ホテル宿泊券付きの観戦チケットの抽選を実施。当選案内まで行ったが、1年延期でその後の対応は保留している。今後は大会組織委員会や関係機関などと協議し、改めて対応を案内するとしている。

 キヤノンも昨年、キャッシュバックキャンペーンの応募者の中から抽選で五輪観戦チケットが当たる企画を行ったが、開催延期でその後の対応は検討中のままだ。ある食品メーカも「新型コロナウイルスの感染拡大状況から、キャンペーンの実施を見合わせたケースがあった」という。

 東京商工リサーチによると、東京五輪・パラリンピックが中止や無観客などとなった場合、26・6%の企業が「悪い影響が多い」と回答。影響の内容をたずねた設問では、「売り上げが減少する」「予定していた事業が実施できなくなる」などの意見が並んだ。

 東京商工リサーチの担当者は「無観客までいかなくても、観客数が制限されれば、同様の影響は避けられない」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ