PR

ニュース 経済

東京国際フォーラムにて開催の日本最大級アート見本市 “アートフェア東京2021“、株式会社データスコープの顔認証型チケットシステムを導入

株式会社 データスコープ

 2021年3月18日~3月21日に東京国際フォーラムで開催された日本最大級のアート見本市“アートフェア東京2021”(一般社団法人 アート東京、テレビ東京、BSテレビ東京、株式会社電通主催)が、株式会社データスコープ(東京都中央区、代表・内田 次郎)の顔認証型非接触入場管理チケットシステム(以下、「本システム」)を採用した。

東京国際フォーラムの会場に合計8台のFace FC(データスコープ顔認証端末)を設置

 2020年より依然として猛威をふるう新型コロナウィルス感染症拡大の影響から、イベント会場の利用やイベントの開催が未だ制限される中、「安全・安心」なイベント開催を支援すべくデータスコープが提供するのが、「顔認証型」「非接触」の「入場管理用チケットシステム」。本システムを利用した場合、来場者は事前のチケット購入時に顔写真をオンライン登録するだけで、当日のチケットレス入場が可能になる。また、運営側は本システムからイベント会場での温度検知・マスク着用状況および本人確認状況の即時閲覧ができる。(※1)

 2020年12月に京都国立博物館・二条城にて開催されたartKYOTO 2020も、データスコープの顔認証型チケットシステムを採用。当該イベントは日本初となる世界遺産での顔認証型チケットシステム導入事例。今回、東京国際フォーラムで開催された日本最大級のアートイベント、アートフェア東京2021(出展協力ギャラリー数140軒、来場者 B2Fホール E Exhibition Area 延べ40,963人/B1FロビーギャラリーExhibition Area 延べ17,725人)では、全開催期間を通して多数の来場者がデータスコープのシステムを利用。スムーズな運営のもと、イベントは成功に終わった。

会場にてFace FC(データスコープ顔認証端末)をのぞきこむ来場者 (C)DataScope, inc.

 会期中は、イベント会場への一般来場者出入口、出展作家およびスタッフの入退館口に合計8台のFace FC(データスコープ顔認証端末)を設置。また、初日セレモニーでは、参列者を限定したエリアの入場管理に本システムが活用された。利用者は、認証時間の速さや入場体験の新しさといった点でデータスコープのシステムを評価。「世の中に新鮮な驚きを提供したい」という企業理念を体現する機会となった。

art stage OSAKA 2021(2021年5月)へのデータスコープシステム導入も決定

 こうしたイベントでの成果を受け、artKYOTO 2020、アートフェア東京2021に引き続き、2021年5月14日~16日(5月13日はプレス・関係者のみの特別内覧会)堂島リバーフォーラムにて開催のart stage OSAKA 2021でも、データスコープの顔認証型チケットシステム導入が決定。

 オリンピックなど多数イベント開催が見込まれる2021年。今やイベントの入場者管理に欠かせないものとなりつつある顔認証型チケットシステムが、大阪を舞台とした国際的なアートイベント会場にてじっくりと体感できる予定だ。

※1 顔認証型チケットシステム導入のメリット

【顔認証型チケットシステムの使用イメージ】1.来場者が事前にオンライン登録した情報・顔写真を、チケットシステムに送付。2.WebAPIでチケットシステムの情報を、データスコープクラウドと連携。3.クラウド上のデータベースに登録された情報を、会場の顔認証端末と共有。来場者の顔情報と照合。4.イベント事業者は、会場の来場状況をリアルタイムで把握できる。

 顔認証型のチケットシステムは、イベント会場において入場者と運営者が非接触のまま、迅速に入場管理を実施するためのシステム。同システム導入のメリットとして、「感染症拡大予防対策」と「入場時本人性担保」の両立実現が期待できることから、イベント会場のニューノーマルとして今後更なる拡大が期待されている。本システムの導入で、イベント入場時本人確認の時間短縮効果のみならず、チケット転売や第三者の入場を事前防止できるセキュリティ効果も期待できる。

■ アートフェア東京2021概要

 アートフェア東京は、2005年から開催をスタートした日本最大級の国際的なアートフェア。古美術・工芸から、日本画・近代美術・現代アートまで、国内外の幅広い作品のアートを展示・販売。2021年は、COVID-19により多くの活動が制限されている中、一人ひとりの生活の中に、いつもアートがあることを思い描き、「by Art」というテーマで開催。

【一般社団法人 アート東京】

https://art-tokyo.jp/

 〒106-0041 東京都港区麻布台1-9-12飯倉台ビル4階

 TEL: 03-5797-7912 FAX:03-5797-7913 E-mail:info@art-tokyo.jp

■ 株式会社データスコープ概要

 2018年11月に設立された画像認識とディープラーニングの研究・開発を行う企業。

 創業間もないベンチャー企業でありながら、長年、画像認識とディープラーニングの研究・開発を行ってきたエンジニアと、上場会社の取締役を歴任してきた経営陣によって設立。

 画像認識に関わるソフトウェアの開発を行いながら、合弁会社を共同で設立した台湾の鴻海集団、香港のPioneerTechnologyが持つカメラやセキュリティー関連技術を応用した装置やシステムを日本国内、米国、東南アジア諸国、韓国などに、データスコープブランドのもと販売を手掛ける。

【株式会社データスコープ】

https://datascope.co.jp/

 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-19-9 VCTビル3階

 TEL:03-6661-6991 FAX:03-6661-6282 E-mail: info@datascope.co.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ