PR

ニュース 経済

米台当局者の接触制限緩和 「挑発だ」と中国紙反発

中国の習近平国家主席(AP)
中国の習近平国家主席(AP)

 【北京=三塚聖平】中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は10日、米国務省が発表した台湾当局者との接触制限の緩和指針について「挑発」と位置付け、「明らかな公的な付き合いを『非公的関係』と強調している」と批判した。その上で「米国は矛盾した言葉づかいで、中国のレッドライン(越えてはならない一線)を狡猾に探っている」という識者の見方を紹介した。

 習近平指導部は、台湾について「核心的利益」と位置付けており、今回の米側の措置に対して反発を強めるのは必至だ。台湾問題をめぐって米国を牽制しているが、対抗措置にまで踏み切るか注目される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ