PR

ニュース 経済

【LINEリサーチ】「呪術廻戦」が大きく躍進し1位に!若年層を中心に話題の「Ado/うっせぇわ」が急上昇3位にランクイン 11位以降は3月期で新たにランクインしたゲームタイトルやアイドルが並ぶ結果に

LINE株式会社

 LINEリサーチ、若年層の流行調査(3月期)を実施

 LINE株式会社では、同社が保有する約540万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。

 LINEリサーチでは、四半期毎に全国の15~24歳の男女に対して、四半期ごとに「最近流行っているコト・モノ・ヒト」についてアンケート調査(自由記述形式)を実施しており、2021年3月に調査を実施いたしましたので、その調査結果をお知らせいたします。

 調査結果の詳細はLINEリサーチの調査メディア「リサーチノート」でご覧いただけます: https://research-platform.line.me/archives/37529141.html

1.呪術廻戦が1位、前回4位から上昇。Adoの「うっせぇわ」も急上昇3位

 2021年3月期の若年流行調査では、アニメ・漫画で話題の「呪術廻戦」が1位となりました。前回2020年12月期の調査で4位と、じわじわと話題になっていましたが、今回13.8%と大きく躍進。

 2位は「鬼滅の刃」となり、前回の圧倒的な1位からは下がる結果となりましたが、社会的な大ヒットを記録した劇場版「無限列車編」の次のエピソードのアニメ化も決定しており、引き続き話題は続きそうです。

 3位に急上昇でランクインした「Ado/うっせぇわ」。楽曲のダウンロード数・動画のPV数も伸び続けており、若年層の心をつかんでいるようです。

 7位のゲーム「Among Us」は、前回13位から上昇し7位に。

 「YOASOBI」は、6月期、12月期と30位以内にはいっていましたが、今回調査では10位とさらに順位を上げる結果となりました。

2.11位以降はテレビアニメ「PUIPUIモルカー」やアイドル、ゲームなどが並ぶ

 11位以降は3月期で新たにランクインした項目も多くみられました。

 11位の「PUI PUIモルカー」は、羊毛フェルトのキャラクターが出てくる約3分ほどのアニメ。TwitterやYouTubeでの再生回数も多く、多くの人が注目していることがうかがえます。

 19位の「優里/ドライフラワー」は、TikTokで流行した「かくれんぼ」のアフターソングとなっており、切ない歌詞や歌声が若者の心をつかんでいるようです。22位の「進撃の巨人」は4月9日発売予定の別冊少年マガジンでついに最終回をむかえることでも話題になっています。

 「ポケットモンスター」関連も最新作のゲームタイトルの発表もあり、注目されています。 他、ゲームタイトルやアイドル、タレントなどが多く並ぶ顔ぶれとなっています。

3.男女別でも「呪術廻戦」が躍進。「コムドット」「Clubhouse」など、各年齢で顔ぶれに違いも

 男女、年齢別の傾向をみていくと、男性23~24歳を除いて男女それぞれの年齢層で「呪術廻戦」が1位となっています。男性に比べると女性のほうがより流行しているようで、女性15歳~18歳では約2割の回答がありました。

 また、年齢別の傾向では、5人組のYouTuber「コムドット」が女性15~18歳で唯一10位以内に入っていました。チャンネル登録者も100万人を超え、人気の様子がうかがえます。

 また、総合ランキングでも7位の「Among Us」は、男性15~18歳で話題になっているようです。

 男女23~24歳では1月末頃から急速に話題になった音声SNSサービス「Clubhouse」がランクインしていました。また「新型コロナウイルス感染症」は社会人にあたる人が多い年齢である23~24歳の男女で比較的高くなっていました。

 男女別の傾向では引き続き、男性はゲームタイトルが、女性はアイドルや歌手などが多く並ぶ結果となっています。

 男性は「Apex Legends」や「Among us」、「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・ポケットモンスター シャイニングパール」など、女性では、「Snow Man」や「SixTONES」、「BTS/防弾少年団」などがランクインする結果となっています。

 LINEリサーチでは、四半期に1回行っている流行調査の結果の無料レポートを提供しています。

 Z世代のトレンドを参考に、皆様のマーケティングに少しでもお役立ていただければと思います。

 LINEリサーチでは、今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、様々な調査を定期的に実施してまいります。

【調査について】

 LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査

 調査対象:日本全国の15歳~24歳の男女

 実施時期:2021年3月1日~3月3日

 有効回収数:4732サンプル

 ※回収比率は、[男性]15-18歳:19-22歳:23-24歳:[女性]15-18歳:19-22歳:23-24歳が2:2:1:2:2:1

 ・「最近流行っているコト・モノ・ヒト」について自由記述形式で聴取

 ・回答をコーディングしてランキング化。

 ※特になし/不明に該当する回答のみの対象は、分析対象から除外。

【「LINEリサーチ」について】

 「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。約540万人のアクティブモニターのうち10~29歳が51%を占め*、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。

 * 2021年2月時点

 「LINE リサーチ」公式サイト:https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ