PR

ニュース 経済

みんなの銀行、国内初のデジタルバンクのコンタクトセンター基盤にSalesforce Service Cloudを採用

株式会社セールスフォース・ドットコム

 ~銀行機能のオールクラウド化、デジタル起点でのサービス提供の実現へ~

 株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下、セールスフォース・ドットコム)は本日、株式会社みんなの銀行(本社:福岡県福岡市、取締役頭取 横田 浩二、以下、みんなの銀行)が国内初のデジタルバンクとしてコンタクトセンターの基盤にSalesforceを採用したと発表しました。銀行機能のオールクラウド化を実現するみんなの銀行では、SalesforceをAWSなどが提供するクラウドと連携させて、デジタルを起点とした顧客への迅速なサービス提供を目指します。

 九州に強固な基盤を持つふくおかフィナンシャルグループでは、デジタルトランスフォーメーションの推進に向けて様々な施策を展開しています。同グループでは、口座開設からATM入出金、振込などあらゆる銀行サービスがスマートフォン上で完結するデジタルネイティブ世代を対象としたサービス提供を目指し、みんなの銀行を設立し2021年5月に一般開業を予定しています。

 「みんなに価値あるつながりを。」をミッションに掲げるみんなの銀行は、短期間でのコンタクトセンター立ち上げが求められる中、顧客接点の中核を担うCRMプラットフォームに「Salesforce Service Cloud」、音声基盤にAWSの「Amazon Connect」を採用し、フルクラウド型のコンタクトセンター基盤を構築しました。ソリューション選定にあたっては、業界トップクラスのシェア、柔軟かつ短期間での導入、検証、リリースが可能であること、最新機能を利用できニーズに合わせた拡張性の高さなどが決め手となりました。

 SalesforceやAWSソリューションの導入により、フルクラウドでスマホ完結型バンキングサービスの提供が実現し、デジタルネイティブ世代を対象に地域から全国へのサービス展開が可能となりました。また、個人向けのサービス提供だけでなく、法人向け事業として金融機能やサービスをAPIを介して事業パートナーに提供するBaaS(Banking as a Service)を展開していきます。

 今後、同行では顧客の声を起点としたさらなるサービス・顧客体験の向上に向けて、Salesforceの持つデータ分析やマーケティングソリューションなど、さまざまな最新テクノロジーの導入も見据えています。

Salesforce Service Cloudについて

 Service CloudはSalesforce Customer 360プラットフォーム上に構築されています。企業は顧客を360度ビューで確認でき、世界で最も完成度の高いプラットフォームで信頼できるサービス体験を提供することが可能です。

セールスフォース・ドットコムについて

 セールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づけるお手伝いをしています。1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。

 本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボル CRM で取引されています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ