PR

ニュース 経済

トラクターのIOT化を促進。農業情報設計社が、ソフトバンクが提供する高精度サービスを、世界トップシェアのトラクターガイダンスアプリ「AgriBus-NAVI」へ導入に向け、試験運用開始

株式会社農業情報設計社

 株式会社農業情報設計社(北海道帯広市、代表取締役濱田安之、以下「当社」)は、GNSSガイダンスアプリ「AgriBus -NAVI」を利用したより高精度な農作業実現のため、ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)が提供する高精度測位サービス「ichimill」の導入に向け、モニターユーザー向け試験運用を実施することをお知らせします。

試験運用するRTK構成イメージ

 当社が提供するトラクター用GNSSガイダンスアプリ「AgriBus -NAVI」(以下、本アプリ)は、世界中で130万ダウンロードを超え、多くの農業従事者様にご愛用いただいています。本アプリは、Android端末内蔵のGPSのみでもご利用可能ですが、別に、位置補正情報を入力して使用すること(RTK測位)でより高精度な農作業を可能にし、生産性及び作業能率の向上を実現いたします。

従来型RTK構成図

 当社はこれまでも個人の基準局設置を推進し、その補正情報を転送するサービスとして「AgriBus-Caster」を提供することでRTK測位を実現してきました。一方、近年では独自基準局を有する事業者による補正情報配信サービスも提供されています。

 こうしたサービスを活用することで、基準局を設置せずに高精度なRTK測位が可能となり、基準局設置用の機材購入コストや基準局管理の負担などを削減することができます。そのため取扱について当社にも要望が多数寄せられておりました。

 当社ではこのご要望に対応するため、ソフトバンクの高精度測位サービス「ichimill」の補正情報を「AgriBus-Caster」で転送する機能を開発し、社内システムのテストも含めた試験運用を行うことといたしました。

 ※ AgriBus-Casterとは:当社が開発運用している補正情報転送サービス。簡易な設定で、当社製品を利用する「AgriBus-NAVI」ユーザー向けに最適化したサービスのことです。

 ※ 本文中の「基準局」について:ソフトバンクでは「独自基準点」と名称しておりますが、今回は当社の名称「基準局」に合わせております。

 ・目的

 農作業という生産現場での利用を前提としたシステムとして、安定したサービス提供についての検証

 サービスを提供する社内システムの安定的運用の検証

 ・実施期間:2021年4月中の実施を予定

 ・対象:以下条件を満たす方

 「AgriBus-NAVI」利用者

 「AgriBus-GMiniR」使用ユーザー

 「スタンダードプラン」加入ユーザー

 ・詳細:当社ブログなどにて別途告知

 本試験運用により、より多くの農業従事者の方がより簡単に「真っ直ぐ等間隔」なトラクター走行や自動操舵を実現していただけるよう、尽力いたします。

 私たちは、今後も「AgriBus」シリーズを通して、農業者様のより良い農業へのチャレンジを支えてまいります。

 【高精度測位サービス「ichimill」とは】

 ichimill(イチミル)は、全国3,300カ所以上に設置しているソフトバンクの独自で受信したGNSS信号を基に補正情報を生成し、RTK測位を行うことで、誤差数センチメートルの測位を可能にするサービスです。

https://www.softbank.jp/biz/iot/service/ichimill/

 【農業情報設計社について】

 2014年4月、代表である濱田安之により、十勝平野の広がる北海道帯広市に設立。

 農業者の熟練度によらず、トラクターが「まっすぐ等間隔に走る」ための農業機械用ガイダンスナビアプリ「AgriBus-NAVI」を2015年2月にリリース。作業の効率化や資材コストの低減につながることから、世界中の農業者様に支持され、同等アプリ内ダウンロード数は世界一。

 2019年12月には高精度な位置情報を可能にする「AgriBus-GMiniR」や自動操舵を実現する「AgriBus-AutoSteer」の国内販売を開始し、農家のアグリテック化に貢献しています。

 URL  https://agri-info-design.com/

 【お問い合わせ先】

 農業情報設計社 広報担当

 contact@agri-info-design.com

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ