PR

ニュース 経済

店内の混雑状況をお知らせする 混雑検知センサー「密アラート」を発売

オプテックス

 ~センサー技術で三密対策に貢献~

 オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)は、店舗や施設の入退者数をカウントし、施設内の混雑状況を表示灯でお知らせする混雑検知センサー「密アラート」を4月8日より発売します。赤外線センサーが入場・退場者の通過を検知してカウントし、施設内の人数が設定値を超えると表示灯の色を変えて混雑状況をお知らせします。人手をかけずに来場者に注意喚起ができ、密集防止に活用できます。

https://www.optex.co.jp/solutions/mitsu-alert.html

 密アラート「MA-01」

 コロナ禍において、小売店や施設など人が多く集まる場所では三密を回避する施策が重要となっています。そのため、店舗や施設の出入口に人員を配置し、入退場数の管理や入場制限が行われています。また、出入口から施設内の状況が見えない店舗などでは、利用者が施設内に入って混雑状況を確認する必要があり、それが原因で混雑が発生することもあります。

 「密アラート」は店舗や施設の出入口に設置することで、施設内の人数を簡易的に把握し、中に入ることなく混雑度合いを視覚的に確認できるため、人手をかけずに密集対策ができます。

 カウントのイメージ

 本体前面のセンサーが出入りする人を検知してカウントします。混雑状況を示す人数は2段階に設定でき、設定した人数を超えるとLED表示灯が緑色から黄色、赤色へと自動的に切り替わります。(人数が減ると自動的に赤色から黄色、緑色へと戻ります。)また、本体の背面にあるカウンターで施設内の滞在人数をリアルタイムに確認できます。

主な特長

混雑状態を知らせる三色LED表示灯(赤/黄/緑)

簡単設置

 簡単設置本体を設置し、電源を差し込むだけで使用可能です。

誤検知低減ロジックを採用したセンサーを搭載

 上下2段の検知エリアを同時に遮った時だけカウントする高精度センサーを搭載しています。

 *本製品は、出入口が一か所の施設でご使用ください。複数の出入口がある施設ではお使いいただけません。

 *本製品は施設等への入室/退室者の通過検知により、混雑状態の目安をお知らせする装置です。設置環境、通行者の通過状況により、実際の人数との差異が生じることがあります。

製品仕様

 ※仕様は改良のため予告なく変更することがあります。

販売価格

 オープン価格

 オプテックスは防犯用途や自動ドア用途で培ったセンサー技術を通して、コロナ禍における安心・安全・快適な環境づくりに貢献していまいります。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ