PR

ニュース 経済

経済改善なお不確実性高い 米FRB、インフレ警戒も

米連邦準備制度理事会(FRB)の外観=ワシントン(共同) 
米連邦準備制度理事会(FRB)の外観=ワシントン(共同) 

 米連邦準備制度理事会(FRB)は7日、事実上のゼロ金利政策や量的緩和策を維持した3月16、17日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を公開した。米経済の見通しは改善しているものの、新型コロナウイルスの再流行の恐れなどで「不確実性は高い」との認識で一致した。

 金融緩和策の長期継続が必要との方針を改めて裏付けた格好だ。参加者数人は供給網の混乱や強い需要が予想以上のインフレを招く可能性があると警戒。ただ多くは、短期的に物価上昇率が2%を超えても長続きせず「リスクはおおむね均衡している」として問題ないとの認識を示した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ