PR

ニュース 経済

【経済インサイド】家庭用サーバーで「スーパードライ」“復権” キリンを猛追へ

家庭用専用サーバーの使い方を実演するアサヒビール社員=7日午後、東京都内
家庭用専用サーバーの使い方を実演するアサヒビール社員=7日午後、東京都内

 アサヒビールは7日、ビールサーバーを貸し出してビールを定期配送する会員制の家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」を5月25日に開始すると発表した。同様のサービス展開はキリンビールが先行、新型コロナウイルス感染拡大で伸長した巣ごもり需要を追い風に昨年から急拡大しており、ビール類市場で激突する2強が生ビール定期宅配サービスでも勝負をすることになった。“ビール一本足打法”と呼ばれるアサヒが、熱烈なファンを取り込むことができるのか-。 

 アサヒのサービスで届くビールは「スーパードライ」で、現在も市販されている「ミニ樽(だる)2リットル」缶2本を毎月2回に分けて宅配する仕組みだ。専用ビールサーバーは飲食店に配置する業務用ビールサーバーの技術を元に開発。一般的な飲食店で提供される温度(4~6度)に加え、一部の飲食店で味わえる氷点下の温度まで冷やした「エクストラコールド」と同じ零度~マイナス2度まで冷やす機能も備える。ビールと一緒に届く専用ガスをサーバーにセットして使うので、店の生ビールと同じクリーミーな泡も楽しめる。サービス価格は月額7980円で、内訳はサーバーレンタル料を含めた基本料金2990円に、ビール料金(送料込み)が2リットル缶2本で4990円。ビールの追加もでき、1本1980円で販売する。サービス申し込みは4月7日から始めるが、サーバー供給に限界があるため、初年度は3万人を上限に抽選方式をとるという。

 7日の記者発表会で、アサヒビールの松山一雄専務は「市場に後発で入ることは十分承知している。新しい価値を出さないと選択肢に挙がってこない。売りにするのは(サービス利用者の)会員と一緒に作り上げていく、そういう進化系サービスであるところ」と力説する。初年度はスーパードライ1商品のみで始め、会員専用のSNSサイトで商品やサーバーなどの意見を集めて提供するビールを増やすことも検討するという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ