PR

ニュース 経済

米就業者91万人増 3月、7カ月ぶり伸び幅 失業率6・0%、景気回復加速

米労働省の看板(AP)
米労働省の看板(AP)

 【ワシントン=塩原永久】米労働省が2日発表した3月の雇用統計(速報、季節調整済み)は、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数が前月から91万6千人増と、2020年8月以来、7カ月ぶりの大きな伸びとなった。失業率は前月から0・2ポイント改善して6・0%。経済活動の活発化に伴い、景気回復に弾みがついている。

 就業者の増加は市場予想の65万人程度を大きく上回った。増加は3カ月連続。新型コロナウイルスの感染拡大がいったん落ち着き、再雇用される人が増えた。ワクチン普及も経済再開を後押ししたとみられる。

 業種別では娯楽・宿泊業が前月に続いて大きな伸びを記録。教育・ヘルスケアも大幅増となった。建設業や製造業も増えた。

 雇用指標は力強い改善が続いており、金融市場で、景気の急回復に伴うインフレ加速の懸念が一段と強まりそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ