PR

ニュース 経済

ソフトバンクG出資の米不動産仲介会社が上場

 ソフトバンクグループ主導のファンドが出資している米不動産仲介サービス、コンパスが1日、ニューヨーク証券取引所に上場した。初値は公開価格(18ドル)を上回る21・25ドルをつけた。終値は20・15ドル。

 コンパスは2012年、米金融大手ゴールドマン・サックス元幹部が設立。不動産売買を仲介するシステムを運営する。スマートフォンのアプリなどを活用し、複雑な手続きを効率化している。

 新型コロナウイルスに伴いオンラインサービスの利用が拡大。20年12月期決算は売上高が前期比56%増の37億2080万ドル(約4100億円)。最終損益の赤字額は縮小した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ