PR

ニュース 経済

近江一文字は「杖を持つのは恥ずかしい」から、「持ちたくなる杖」の活動で交通事故より死亡者が多い転倒事故を減らします

株式会社ゴールドクローバー

 当社は、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは「株式会社ゴールドクローバー 近江一文字」の April Dream です。杖の専門店「近江一文字(おうみいちもんじ)」(所在地:滋賀県守山市)を運営する株式会社ゴールドクローバー(代表取締役 林 知史 本社所在地:滋賀県 大津市)は魅力的な持ちたくなる杖の提供と情報発信で交通事故より死亡者が多いと言われる転倒事故を減らします。

 ■交通事故より転倒事故の死亡者数が多いという現状

 (画像:消費者庁 平成30年高齢者の事故の状況について より)

 ・毎年約 30,000 人の高齢者が「不慮の事故」で死亡している。

 ・交通事故、自然災害を除く不慮の事故による総死亡者数のうち、高齢者の割合は8割以上。

 ・「不慮の事故」のうち、「転倒・転落」、は「交通事故」より死亡者数が多い。

 【平成 19 年から平成 28 年までの 10 年間分 厚生労働省「人口動態調査」調査票情報より】

 救急搬送された事故のうち、「転倒・転落」による事故は最も多く、全体の約8割

 を占める。

 【平成28年 東京消防庁「救急搬送データ」より】

 ※65歳以上を高齢者としてのデータ

 当店にご来店いただくお客様でも転倒、入院してからはじめて杖の必要性を感じたり

 お医者様の薦めで杖をお求めに来られる方が多い印象です。

 ■杖を持ちたくないという価値観

 高齢者の転倒事故リスクは高いにもかかわらず

 それを未然に防ぐ「転ばぬ先の杖」に対してネガティブなイメージを持ち

 「杖を持ちたくない」という高齢者の方は多いです。

 その理由は「年寄りに見られるのが嫌」という心理的なものです。

 お店をオープンして分かったことは20代~40代の比較的若い女性も

 関節の手術などにより杖を必要とされるケースが想像以上に多いということです。

 若い女性であればなおさら従来の無味乾燥な杖では

 お出かけするのも苦痛に感じるはずですが

 本来、杖・ステッキというものは権威の象徴だったり

 社交場でのオシャレな礼装品や嗜好品なのです。

 この価値観の誤りとなる根本原因は

 世間に出回る杖の多くはいかにも介護用を感じさせる

 無味乾燥なデザインとオシャレなステッキの販売店が

 ほとんど存在しない、知られていないことにあると感じています。

 この杖に対する価値観や環境を変えることで

 杖を喜んで持つ人が増え、生涯自力歩行を促し

 世の中の転倒事故が減ると弊社は確信しています。

 ■杖・ステッキで世の中を変えるための一歩 杖の専門店をオープン

 実は近江一文字を運営するゴールドクローバー社長は元鮮魚専門店のバイヤーでした。

 会社員時代に激務により身体を壊し通院する中で杖を持つ人を見かけること

 高齢化社会を商いで助ける「商助」という概念に感銘を受け一念発起し

 全く未経験から海外、国内問わずオシャレな杖を集め

 まだまだ日本に数少ない杖専門店をオープンし、

 直接杖を見て触れていただける活動を始めています。

 ※「商助」とは國松善次 元滋賀県知事が発案された概念

 ■持ちたくなる杖を展開

 近江一文字は杖をその日の服に合わせてコーディネイトしたり

 友達に見せて自慢できるような持ちたくなる杖・ステッキを広く知っていただくために

 色とりどりのカラフルな金属製を始め

 昭和天皇、吉田茂元首相のステッキ製作に携わった職人による手作りステッキや

 小浜・若狭塗の職人さんによるステッキ開発など計画進めております。

 ■介護保険適用のため市役所と契約

 オシャレアイテムとしての杖だけではなく、本当に身体の支えとして必要とされる方が費用負担を抑えていただけるように近江一文字は介護保険で補助が受けられるよう地元市役所さまと契約を進めており、市役所の障害福祉課の担当様からも

 「こんなにオシャレな杖があるなんて初めて知りました」との声もいただいております。

 2021年3月末現在 滋賀県湖南市役所 滋賀県野洲市役所 滋賀県守山市役所 滋賀県大津市役所 契約済み

 近江一文字は杖・ステッキを通して高齢化社会を商助により支え生涯自立歩行、健康寿命を延ばし、転倒事故を減らすため、理学療法士さんや企業さんと連携し新しい杖の価値観や文化を作り豊かな暮らしをサポートしていきます。

 近江一文字通販サイト

https://oumiitimonji.shop-pro.jp/

 <SNSアカウント>

 Facebook:@oumiitimonji

 Instagram:oumiitimonji

 LINE:https://lin.ee/t95VY6A

 「April Dream」は、4月1日に単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ