PR

ニュース 経済

トヨタが2年ぶり入社式、オンラインで 社長「多様な考え大切に」

オンラインで開かれたトヨタ自動車の入社式で、あいさつする豊田章男社長=1日
オンラインで開かれたトヨタ自動車の入社式で、あいさつする豊田章男社長=1日

 トヨタ自動車は1日、2年ぶりに入社式を開いた。新型コロナウイルスの感染予防のため、オンラインでの開催。昨年は安全を優先し、取りやめた。1日付の新入社員は1045人で、トヨタの各地の研修施設など約150カ所をつないだ。

 豊田章男社長が出席しあいさつ。環境規制への対応や他業種との競争の激化など「100年に一度の大変革期」を迎える中、豊田氏は「多様な考え方や個性を大切にしてイノベーション(技術革新)の原動力になってほしい。(会社の)継承者こそ挑戦者でなければならない」と新入社員を激励した。

 トヨタは例年は愛知県豊田市の本社で入社式を開いている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ