PR

ニュース 経済

株)阿部紙業が外国人技能実習生を対象に《オンライン日本語教育》無償提供

株式会社ボーダレス・ジャパン

 コミュニケーション齟齬によるトラブル・孤立を防ぐために株式会社阿部紙業との協同で日本語教育を無償提供。

 株式会社ボーダレス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田口一成)は、技能実習生の受け入れている株式会社阿部紙業( 本社:埼玉県八潮市、代表取締役:阿部隆治)と協同で、無償のオンライン日本語教室を開講します。オンライン日本語教室では《働く心得》と《実習現場で使える日本語》の習得を支援し、実習現場におけるトラブル・孤立を防止します。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ??社会背景

 日本で働く技能実習生を取り巻く環境

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

 建設業・農業などの業種では、ベトナム・中国・ミャンマーをはじめとする14ヵ国から技能実習生を積極的に受け入れています。その数は2020年には約40万人と、日本経済にとって欠くことのできない存在となっています。

 ある程度日本語を勉強してから来日しますが、ほとんどの技能実習生は日本語に不安を抱えながら働いています。

 実習現場で日常的に起こる『コミュニケーションのすれ違い』は表面化しにくく、見過ごされがちです。

 しかし、一日一日と積み重なった『小さなずれ』 が、やがて事故やトラブル、孤立、失踪という形で現れてしまうことも決して少なくありません。

 これら、実習生と企業の間で起きてしまう問題は「たった一つの日本語」「たった一つの常識」を知っていれば、防げるはずなのです。

 ━━━━━━━━━━━━━━━

 オンライン日本語教育について

 ━━━━━━━━━━━━━━━

 技能実習生が事故やトラブルにあうことなく、安心して実習を続けられるよう、株式会社ボーダレス・ジャパンは、職種・日本語レベルを問わず、週2回・全8回の授業を無償で全国の実習生に届けています。

 一人でも多くの技能実習生に授業を届けるため、実習生の受け入れを支援する「監理団体」と連携して《働く心得》《実習現場で使える日本語》の習得を支援しています。

 【オンライン日本語教育の特徴】

 1.土日祝含む9:00-22:00の間で授業実施

 残業や外出制限が理由で、地域の日本語教室に参加できていなかった実習生も、受講することが可能です。

 2.細やかな報告・連携体制

 実習生の学習状況・日々の様子を、企業様及び監理団体様へ報告しながら連携を取っています。

 3.学習意欲を高める会話中心授業

 実習生同士で会話練習をする「ペアワーク」や「講師との質疑応答」など、双方向にコミュニケーションを取る授業設計となっています。

 そのため、アプリや自習で学習意欲が続かなかった実習生も、楽しみながら日本語を習得することが可能です。

[オンライン授業の様子

 ▼オンライン日本語教育_詳細資料

https://drive.google.com/file/d/1XpYEb_8g1d9aDR4Lg5Ejq9uRaai65Ibe/view?usp=sharing

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 阿部紙業 部長 佐々木氏コメント

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 実習生との付き合いは10年以上になりますが、新しい実習生が入ってくるたびに、一人ひとりの個性もモチベーションも違うため、それぞれにあったコミュニケーション方法を模索するため日々試行錯誤しております。

 指示を出した際に、理解が出来ていないのにわかったと言ってしまうことが多々あり、実習生がどのくらい理解しているのかを把握することにむずかしさを感じております。

 実習生自身も話したい、伝えたいと思うことがあっても伝え方がわからなかったり、むずかしかったりすると、あきらめてしまう姿を見かけることもあり、

 意見がぶつかり合う時に想いを伝えられないことで、ストレスをためてしまうのではないかという心配もあります。

 そのため、日本語教育を通してコミュニケーションを密にとれるようになることで、「日本に来てよかった」「この会社に来てよかった」と思ってもらえたら嬉しく思います。

 また、言葉がわかるようになることで、技術の向上も見込めますし、こんなことやってみたいなど自発的にチャレンジしたいと思えることも増えてくるのではないかと思います。

 実習で培った日本語力を、帰国後の就職活動や仕事で活かしてもらい、将来的な選択肢を広げていってもらえたら、大変うれしく思います。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ??最後に

 オンライン日本語教育の背景にある想い

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 私は以前、ベトナムのダナンで来日前の技能実習生に対して日本語を教えていました。

 そこで出会ったベトナムの人達はみな、日本で働くことをとても楽しみにしていました。

 そんな彼らが来日後、日本語がうまく話せないことで、会社の人と揉めてしまったり、日本人の友達ができずに孤立している現状を、後になって知りました。

 日本を選んでくれた実習生が、トラブルに巻き込まれたり、孤立してしまう状況を変えたいという思いから、日本語教育事業を始めることを決意しました。

 一人でも多くの実習生に「日本に来て良かった」 、一社でも多くの企業様に「実習生を受け入れて良かった」と思って頂けるよう、誠心誠意、取り組んでいきます。

 相原恭平

 <株式会社 阿部紙業 会社概要>

 会社名:株式会社 阿部紙業

 設立:1983年5月21日(昭和58年5月21日)

 本部:埼玉県八潮市木曽根544-1

 代表者:代表取締役 阿部隆治(アベ リュウジ)

 【公式サイト】

http://www.abe-p.co.jp/

 【株式会社 阿部紙業 公式Facebook】

https://www.facebook.com/abeshigyo.jp/

 <ボーダレス・ジャパン 会社概要>

 会社名:株式会社ボーダレス・ジャパン

 設立:2007年3月

 本社:東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル6F

 代表者:代表取締役社長 田口 一成

 ━━━━━━━━━━━━━━━━

 ボーダレス・ジャパンとは

 ━━━━━━━━━━━━━━━━

 ビジネスで社会問題を解決する「ソーシャルビジネス」しかやらない会社。2021年3月時点で、世界13ヵ国で38の事業を展開している。

 次々とソーシャルビジネスを生み出すボーダレスグループの仕組みは、2019年グッドデザイン賞(ビジネスモデル部門)を受賞している。

 【公式サイト】

https://www.borderless-japan.com/

 <本件に関するお問い合わせ先>

 株式会社ボーダレス・ジャパン

 担当:相原恭平

 TEL:092-292-5791

 E-mail:aihara@borderless-japan.com

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ