PR

ニュース 経済

都市電力、多くは自給可能 太陽光とEV活用で

 市内の全建物の70%に太陽光パネルを設置し、つくった電気を融通し合えば、必要な電力の多くを賄える-。国内9都市を対象とした国立環境研究所の推計で、こんな結果が出た。蓄電池代わりになる電気自動車(EV)の普及が前提のため、実現には時間がかかりそうだが、年間平均自給率は最高の岡山市で95%に上るという。

 住宅やビルなど市内の建物の70%に屋上パネルを設置。市内の全ての乗用車がEVになり、バッテリーに電気をためて融通し合える仕組みが整ったと仮定した。

 他の都市の自給率は、札幌75%、仙台81%、福島県郡山92%、東京23区53%、川崎64%、新潟89%、京都76%、広島90%。1人当たりの屋根面積や自動車数が多い都市ほど高くなった。

 政府は令和17年までにガソリン車の新車販売をなくし、電気や水素燃料などで走る車に切り替える目標を掲げている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ