PR

ニュース 経済

自然言語理解AI開発のベルズシステムが国内初AI特化型「AIアクセラレータ」に採択

ベルズシステム株式会社

 自然言語理解AI「ロアンナ(Roanna)」を開発・展開するベルズシステム株式会社は、ディップ株式会社が主催するAI特化型アクセラレータプログラム「AIアクセラレータ」16期生として採択されました。

 AIアクセラレータの専門委員の厳選により、52社中4社が採択。選ばれた4社は2021年3月から5月までの3ヶ月間、AIアクセラレータのメンタリングを受け、技術、販売、採用、管理、戦略などあらゆる面にブラッシュアップがかかります。その後、国内はもとより、世界にインパクトを与えるAI企業へと成長していくことが期待されています。

 ■ AI.Acceleratorとは?

 「AI.Accelerator」(http://ainow.ai/accelerator)は、2017年4月より開始したAI特化のインキュベーションプログラムです。集まった優秀なAI関連企業や人材にスタートアップの準備段階から約3か月支援が行われます。

 運営するディップ株式会社は、2016年6月よりAI専門メディア「AINOW(エーアイナウ)」(http://ainow.ai/)の運営を開始。北米と比較した時、日本のAIスタートアップ企業数が立ち遅れている現状が明らかになったことを背景に、日本スタートアップ活性化の一助となるべく本プログラムを開始されました。

 世界を席巻するAIメガベンチャーを輩出するべく、スタートしたこの取り組みはこれまで15回の公募を通して、のべ約700件以上の応募があり、合計101社を採択しています。3ヶ月のアクセラレータ・プログラムを経て、85社が投資家から資金調達し事業化を推進しています。

 ■16期生として採択された企業一覧

https://ainow.ai/aiax2021-03-05/

 ■ ベルズシステム株式会社 / 質問に自動で回答する人工知能:Roanna

 シナリオレス型お問い合わせ自動化AIチャットボット Roanna(ロアンナ)は、お客様からの、社内からの、様々なお問い合せに対して自然言語理解AI※がその質問の自然言語を理解し、自動的に回答するクラウドシステムです。様々なデバイスからテキストや音声での質問に対応します。

 API連携により、チャットツールやグループウェアなどのアプリ連携も可能です。AIが人の業務をサポートする「AI経営」を始めましょう。

 ■ Peaceful Morning株式会社 / RPAオンボーディングサービス:Robo Runner(ロボランナー)

 生産性向上、コスト削減を目的にRPA(Robotic Process Automation)ツールを導入する企業が増えていますが、多くのRPA導入企業はツールを使いこなせておらず、導入効果を十分に得られていないことが課題となっています。

 当社の提供するRobo Runnerは、月額10万円でRPAツール導入後のプロジェクト運営~開発・保守といったあらゆる困りごとを、経験豊富なサポーターがオンラインで解決するサービスです。

 ■ 株式会社AZOO / ホテルシステム:WASIMIL

 自動化・効率化技術によりホテル業務の運営効率を大きく改善するとともに、AI技術も活用したホテルマーケティングで集客UPまでをサポートできるホテルシステムWASIMIL(ワシミル)

 ■ I ’m beside you Inc. / オンラインコミュニュケーションフィードバックAI:I’mbesideyou

 Zoomなどのオンライン会議の動画をマルチモーダルAIで解析し、よりよいコミュニケーションとサービスを生み出していくためのフィードバックを提供するサービス。

 マネジメントには自組織のコミュニケーションのみえる化、参加者にはセルフラーニングの機会を提供し、オフラインよりオンラインのコミュニケーションの方が価値を出せる状態を創り出す。

 ■「ロアンナ(Roanna)」が進めるDX

「AIが人の言葉を理解できる社会へ」をビジョンにDXを推進しています。

簡単なお問合せ対応業務の自動化

 一般的にお問い合わせの約70%は、FAQ(よくある質問)に記載されているような、定型のお問い合わせと言われています。単純なお問い合わせをAIが自動で対応することで、お客様にとって早く情報を得られる機会となり、コールセンターやお問い合わせメール対応等への業務負担軽減にもつながります。

AIによるお客様の声の見える化

 人対人のお問い合わせ対応は基本的にデータが残らず、せっかく音声を録音してもデータ活用するまでに、多大な時間と費用を必要とするため、大きなハードルとなっていました。「ロアンナ」の導入により、お客様の声を見える化し自然言語データを経営資源として活用することが出来ます。

非接触化の推進

 コロナ禍により「?接触化」(=オンライン化)の必要性が高まっています。「ロアンナ」は人が対応できない営業時間外や休日での対応も可能とし、コールセンター等の負担を軽減し、?接触化を推進します。

 ■ ベルズシステム株式会社

 福岡市内に本社を持ち、AIチャットボットロアンナ(Roanna)を提供する。

 アートコーポレーション、アプライド、九州大学、トライアルカンパニー、西日本鉄道(敬称略・五十音順)等、多数の企業へ導入実績を持つ。

 本社:〒812-0016 福岡市博多区博多駅南4-1-17 岩保ビル駅南6F

 東京支社:〒102-0093 東京都千代田区平河町1-6-15 USビル8F

 会社HP:https://bellz.co.jp/

 担当:中野優太(nakano@bellz.co.jp)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ