PR

ニュース 経済

ANA「スーパーアプリ」、マイルで航空から買い物まで 航空一本足脱却へ

 ANAホールディングス(HD)傘下でマイル事業を統括する「ANAX(エーエヌエーエックス)」など2社は26日、航空機の利用だけでなくインターネット上のさまざまなサービスをマイルで利用できる「ANAスーパーアプリ」の提供を令和4年度に開始する考えを明らかにした。本業の航空事業の収益が新型コロナウイルス禍で激減する中、マイルの価値拡大で、航空事業一本足からの脱却を目指す。

 「マイルには航空券に換えられるという強みがあるが、非日常で使うものだった。これからはスーパーアプリを起点に街中でマイルで生活できる世界を作り上げる」。ANAXの井上慎一次期社長は同日の記者会見で、マイルを中心としたプラットフォーム事業の推進を表明した。

 スーパーアプリでは貯まったマイルの用途が拡大。従来の航空券や旅行商品だけでなく、ゲームや音楽などのデジタルコンテンツ、携帯電話などの通信サービス、飲食など幅広い範囲のサービスが利用できるようになるという。

 ただ、プラットフォーム事業は日本では楽天やヤフー、KDDI(au)などIT各社や通信大手がすでに推進しており、ANAは最後発といっても過言ではない。そのため井上氏がANAのプラットフォーム事業の特長として強調するのが、交通や物流、地方自治体との連携など「リアルの充実度」だ

 ANAHDは4月1日に航空券販売を担ってきた事業会社の社名を「ANAあきんど」に変更し、地方創生にも事業領域を広げる。スーパーアプリで利用できる地方発のサービスの開拓も行う方針で、地方のみかん農家の支援の過程でANAグループで製品化したみかんジュースをスーパーアプリで販売するといったプランを描く。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ