PR

ニュース 経済

東電社長、柏崎市長に謝罪 原発核防護設備不備で

新潟県柏崎市で桜井雅浩市長と面会する東京電力の小早川智明社長=26日午後
新潟県柏崎市で桜井雅浩市長と面会する東京電力の小早川智明社長=26日午後

 東京電力の小早川智明社長は26日、柏崎刈羽原発が立地する新潟県柏崎市で桜井雅浩市長と面会し、同原発で発生した核防護設備の不備など一連の問題に関し「不安を与え、心配をお掛けした。深くおわび申し上げる」と謝罪した。桜井氏は「市民は大きな不安を抱き、東電の体制、資質に疑念を抱いたのは間違いない」と指摘した。

 桜井氏は面会で「いまだ原発再稼働の意義はあると考える」と述べ、柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働を認める立場を重ねて強調。「社長が先頭に立ち、社員一人一人の意識改革に努めてもらいたい」として、体質改善を求めた。

 これに先立ち小早川氏は刈羽村で品田宏夫村長とも会い、謝罪した。品田氏は「真摯(しんし)に反省し、対応することが皆さんに課せられた最大の使命」と述べ、規制当局とともに、再発防止を徹底するよう求めた。

 原子力規制委員会や東電によると、柏崎刈羽原発では令和2年3月以降、計15カ所で核物質防護設備が故障。今年1月には、同僚のIDカードを使った社員の中央制御室への不正入室も発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ