PR

ニュース 経済

中国、H&Mを非難 新疆問題で国営メディア

米ニューヨークにあるH&Mの店舗(ロイター)
米ニューヨークにあるH&Mの店舗(ロイター)

 中国国営中央テレビ(電子版)は24日、スウェーデン衣料品大手H&Mが新疆ウイグル自治区の人権状況に懸念を示す声明をホームページで掲げていることに対して「偏見に満ち、無知をさらけ出している」と非難した。

 H&Mの声明は同自治区で強制労働が行われているとの報道に懸念を示し、新疆綿を使用しない立場を明らかにしている。中央テレビは「強制労働があるというのは虚言だ」と主張。中国の立場を尊重しないなら商売する資格はないと断じた。

 H&Mは24日夜、「公開、透明の原則に従って供給網を管理している。政治的立場を示すものではない」との声明を発表した。

 欧米諸国は新疆ウイグル自治区で強制労働が行われているとして対中制裁を発動し、中国が猛反発している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ