PR

ニュース 経済

エフパワーが更生手続き 電力高騰で初の倒産

 新電力のF-Power(エフパワー、東京都港区)が24日、会社更生手続きの開始を東京地裁に申請し、受理されたと発表した。自前の発電に加え、卸電力市場価格で電力を調達し、企業などに供給しているが、この冬の寒波で市場価格が高騰し、経営が行き詰まった。

 東京商工リサーチによると、負債総額は243億円。電力価格高騰では初の経営破綻とみられる。エフパワーは2018年4月には電力販売量で新電力1位だったが、20年11月には17位に落ち込んでいた。同社ホームページによると、新潟市などに発電所がある。

 エフパワーはスポンサーを探し、再建を目指す。顧客への電力供給に支障はないとしている。09年設立で、沖縄や離島を除く全国規模で電力小売り事業を手がける。

 エフパワーは17年8月、実態にそぐわない需給計画を提出したとして電力広域的運営推進機関(広域機関)から安定供給するよう指導を受けている。また18年8月に中途解約の違約金に関する顧客への説明が不十分だったとして電力・ガス取引監視等委員会から改善勧告を受けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ