PR

ニュース 経済

ジェトロ群馬、県産品を世界に発信 ミス・インターナショナルがSNSで

 日本貿易振興機構群馬貿易センター(高崎市、ジェトロ群馬)は、5カ国・地域のミス・インターナショナル世界大会代表の写真共有アプリ「インスタグラム」を通じ、県産品の魅力を発信する事業を始めた。SNS(会員制交流サイト)上の露出を増やし「GUNMA(グンマ)」の認知度を高める。

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)で人の往来が制限され、県産品の国際的なPRが難しくなっている。ジェトロ群馬は、ネット上で影響力を持つ「インフルエンサー」であるミス・インターナショナルの発信力の活用で、県産品の認知度アップと輸出拡大につなげる考え。

 今回、対象とした県産品は6分野46商品で、高崎だるま、桐生マスク、こけしなどの工芸品、コンニャク加工品など菜食主義者向け食材、日本酒、花きなどを想定する。

 米、英、豪州、台湾、日本の各代表に依頼し、それぞれの感性で1人当たり4、5回投稿してもらう。フォロワー数は、英国代表のハリオッテ・レインさんが最多の6万5千人に上り、一定のPR効果が見込めるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ