PR

ニュース 経済

旧日立系の買収破談も 米アプライドマテリアルズ

 米半導体製造装置大手アプライドマテリアルズは22日、旧日立製作所系の「KOKUSAI ELECTRIC」(東京)の買収契約が破談した可能性があると発表した。19日までに中国の規制当局から買収の承認を得られなかったためとしている。

 KOKUSAIは日立国際電気から分社化した半導体製造装置メーカーで、現在は全株式を米投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が保有。アプライドマテリアルズは2019年、KKRからKOKUSAIを買収すると発表した。

 アプライドマテリアルズは契約解除料の支払期限である今月26日の前に承認を得られない場合、契約を打ち切り、1億5400万ドル(約170億円)をKKRに支払う。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ