PR

ニュース 経済

ルネサス工場火災、操業停止の長期化も 広がる半導体の供給不安

火災が起きたルネサスエレクトロニクスの那珂工場=茨城県ひたちなか市(同社提供)
火災が起きたルネサスエレクトロニクスの那珂工場=茨城県ひたちなか市(同社提供)

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの那珂工場(茨城県ひたちなか市)の火災をめぐり、工場の操業停止が長期化する恐れがでている。ルネサスは1カ月以内の操業再開を目指すとしているが、専門家からは「元の状態に戻るまで半年程度かかる」との悲観的な見方も出ている。ルネサスは自動車用半導体の世界的なトップメーカーだが、現在は在庫が枯渇している状況。他の半導体メーカーの工場も操業にトラブルが出ており、ルネサスの火災は世界的な半導体不足に拍車を掛けかねない。

 火災は19日未明に「N3」と呼ばれる工場棟のクリーンルームで起き、敷地面積の5%に当たる約600平方メートルが焼けた。めっき装置から出火したとみられる。室内には先端品の直径300ミリメートルのシリコンウエハーを手掛ける生産ラインがあり、製造装置の2%にあたる11台が焼損。このうち4台は新しい装置の調達が必要となる。またクリーンルーム内がすすに覆われたため、清掃作業にも一定の期間がかかる見通しだ。

 半導体業界に詳しい英調査会社オムディアの杉山和弘コンサルティングディレクターは、代替製造装置に関し「世界的な半導体不足の影響で注文が殺到しており、納入されるまで5、6カ月くらいかかりそうだ」と指摘。クリーンルームの清掃も「高い清浄度を確保するには2カ月程度は必要だろう」と分析する。

 オムディアの調査によると、ルネサスは自動車の走行を制御する半導体「マイクロコントローラー(マイコン)」のトップメーカーで、2019年の世界シェアは30・2%と首位。このためトラブルが起きた場合の影響は大きく、東日本大震災で那珂工場が被災した際には、自動車メーカーが長期間の生産休止に追い込まれた。

 東日本大震災後は耐震補強や在庫積み増しなどの対応を取っていた。しかし今回の火災に関しては今年2月の福島沖地震で操業が一時停止した際に在庫を使ってしまったため、自力での供給継続が難しいという。

 他社による代替生産についても、世界的な半導体不足で余裕がないことに加え、米テキサス州での寒波の影響で世界第2位のNXP(オランダ)や第3位のインフィニオン(独)の現地工場が停止している。杉山氏は「政府も一緒になって強力に代替生産の要請をしないと、海外メーカーも応じないだろう」と強調している。

 ルネサスは、世界的な半導体不足を受け、世界大手の台湾積体電路製造(TSMC)に委託していた半導体製造の一部を自社に切り替え、那珂工場で製造していた。改めてTSMCに委託をしようとしても「世界中からTSMCに注文が殺到している」(杉山氏)という。

 加藤勝信官房長官は22日の記者会見で、ルネサス工場火災に関し「代替となる製造装置の調達支援など、早期復旧に向けてしっかりと取り組む」と述べたが、復旧期間の短縮には、より強い政府の支援が必要だといえそうだ。(桑原雄尚)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ