PR

ニュース 経済

近鉄 夢洲への直通列車 大阪万博前の開業見送り検討  

 近鉄グループホールディングス(HD)が、2025(令和7)年の大阪・関西万博の会場となる夢(ゆめ)洲(しま)(大阪市此花区)と、奈良方面などを直通で結ぶ新型車両に関し、万博前の運行開始を見送る方向で検討していることが22日、分かった。同様に夢洲が会場となる統合型リゾート施設(IR)の開業が、万博前としていた当初予定から2020年代後半への先送りが確定。万博閉幕(25年10月)後、IR開業までの数年の「空白期間」に、夢洲への旅客需要が見通せなくなったため。

 近鉄は万博とIR開業を前提に直通列車の運行計画を策定。中でも常設の施設となるIRは安定した旅客利用が見込まれ、海外からのIR客を奈良や伊勢志摩方面などに誘致する狙いもある。近鉄幹部は「万博前の運行開始はない。IRに合わせて検討する」としており、IRの開業時期を見極めて計画を調整する。

 近鉄は令和元年、近鉄奈良駅(奈良市)を始点とする奈良線と、夢洲まで延伸予定の大阪メトロ中央線に乗り入れる近鉄けいはんな線を接続させ、直通列車を運行する計画を発表。万博前年ごろの運行開始を目指していた。奈良線と中央線・けいはんな線の集電方式が異なるため、両方式に対応できる新型車両の技術開発をドイツ企業とともに進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ