PR

ニュース 経済

経団連会長「五輪・パラは開催自体に意義」 海外観客断念で

オンラインで記者会見する経団連の中西宏明会長=8日午後
オンラインで記者会見する経団連の中西宏明会長=8日午後

 経団連の中西宏明会長は22日のオンラインによる定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックでの海外客受け入れが見送られたことについて「観客の安全を第一に考えたものだ」と理解を示し、「開催すること自体に大きな意義がある」と述べた。

 中西氏は海外客受け入れ見送りについて、「経済的な損失もある」と指摘。そのうえで、新型コロナウイルス感染拡大で世界が困難な状況にある中でも、スポーツの祭典である五輪やパラリンピックを開催することの意義を強調した。

 また、首都圏1都3県に出されていた緊急事態宣言が21日を期限として解除されたことについても、「政府の総合判断に経済界も沿って同じ道を歩む」と言及。会員企業に対し、感染対策の取り組みを「より一層引き締めることを求めた」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ