PR

ニュース 経済

半導体供給「影響、大変大きなものに」 工場火災でルネサス社長

火災が起きたルネサスエレクトロニクスの那珂工場=茨城県ひたちなか市(同社提供)
火災が起きたルネサスエレクトロニクスの那珂工場=茨城県ひたちなか市(同社提供)

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの柴田英利社長兼最高経営責任者(CEO)は21日、オンラインで記者会見を開き、茨城県の工場で火災が起き、生産の一部を停止していることについて説明した。自動車メーカー向けなど製品供給への影響について「大変大きなものになると危ぶんでいる」と説明。「1カ月以内で生産再開にたどり着きたい」と述べた。

 半導体は自動車向けを中心に世界的に需給が逼迫している。代替生産を検討するなどし、影響を最小限にとどめたい考えだ。

 火災は19日午前2時47分ごろ、茨城県ひたちなか市の那珂工場で発生し、約5時間半後に消防が鎮火を確認した。工場内のめっき装置から出火し、焼損面積は約600平方メートルに上る。電流が装置の想定を超過して流れたことが発火原因とみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ