PR

ニュース 経済

星野リゾートが「キャナルシティ博多」運営に参画

 不動産開発の福岡地所と星野リゾートグループ(長野県軽井沢町)は、複合商業施設の運営などで協業する基本協定を締結した。国内外で高級宿泊施設を手掛ける星野リゾートの知見を、福岡地所などが運営する「キャナルシティ博多」など各種施設の活性化に生かす。また、今後、両社は九州各地や東アジア諸国への進出でも協力する。

 協業の第1弾として、星野リゾート・リート投資法人が保有するANAクラウンプラザホテル福岡(福岡市博多区)と、福岡地所グループの福岡リート投資法人が保有するグランドハイアット福岡(同)を、相互に77億円で売却。事実上の等価交換で、資産を入れ替える。いずれも当面はホテル名や運営体制は変更しない。

 星野リゾートは、九州・東アジア戦略の拠点としてラグジュアリーブランドのホテルを手にする一方、福岡地所としても、博多駅前で進む再開発事業「博多コネクティッド」の適用範囲内に、新たな拠点を得られた形。さらに、地元顧客をターゲットとした「マイクロツーリズム」を提唱している星野佳路・星野リゾート代表の知見を、福岡市内の観光活性化に生かしたい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ