PR

ニュース 経済

大阪府の時短要請に…大阪市長「緩和は厳しい」 新型コロナ

 大阪府が新型コロナウイルス対策で21日まで大阪市全域の飲食店に出している午後9時までの営業時間短縮要請について、大阪市の松井一郎市長は17日、「緩和は厳しい」と述べ、現状維持が妥当との見方を示した。同日の定例記者会見で述べた。

 大阪府は18日に新型コロナ対策本部会議を開き、今後の対応を決める。松井氏は、緊急事態宣言が2月末で解除後、「(府内の)感染者数は下げ止まっている」と指摘。一方、「直近の感染者数を見ていると、さらに規制を緩和するのは厳しいと感じている」と述べ、府が要請の期限としている21日以降も現状維持が妥当との見解を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ