PR

ニュース 経済

経済同友会代表幹事、緊急事態宣言は「今回で最後に」

会見する経済同友会の桜田謙悟代表幹事=16日、東京都千代田区(平尾孝撮影)
会見する経済同友会の桜田謙悟代表幹事=16日、東京都千代田区(平尾孝撮影)

 経済同友会の桜田謙悟代表幹事は16日の定例会見で、首都圏1都3県に出されている新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が21日に期限を迎えることについて「今回で最後にしてほしい」として、延長せずに、宣言の解除を求める考えを示した。

 桜田氏は 感染拡大に対し、「コントロールできる自信がついた」とし、ワクチン入手によって、「(感染を)コントロールできる手段も増えた」と、解除を求める理由を説明した。

 経済環境について、業種や個々の企業で「状況は違うが、全体としては(コロナによって、景気が再度悪化する)二番底はなく、回復に向かう」と予測する。ただ、宣言を解除して、再度感染拡大となれば、「二番底に行く可能性もある」として、解除する場合でも、コロナ対策を十分に実施する必要性を強調した。

 また、NTTや東北新社による総務省幹部らへの接待問題に関し、「官庁と経済界との意思疎通は欠かせず、飲食を伴うような胸襟を開いての交流があってもいい」と語り、接待のすべてを禁止することは、「好ましくない。今回は間違ったルールの解釈で起きた問題」との認識を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ