PR

ニュース 経済

東日本大震災10年で中国外務省「一日も早い再建、復興を」

中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官(共同)
中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官(共同)

 【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は12日の記者会見で、前日の11日に東日本大震災の発生から10年を迎えたことについて「日本政府や各界が共に努力し、被災地が一日も早く再建を遂げ、復興を実現することを期待している」と述べた。

 趙氏は「中国と日本は、一衣帯水の友好的な隣国として、危機の時には一致協力して困難を乗り越え、助け合う良い伝統がある」と強調。日本に対し、防災や減災、被災者の救助などの分野で「実務交流や協力をさらに深めることを望んでいる」と呼び掛けた。

 中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は11日にツイッターで「日本の皆さんに心からお見舞い申し上げます」と日本語で投稿している。同日は全国人民代表大会(全人代)の閉幕日で、中国外務省は定例記者会見を開いていなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ