PR

ニュース 経済

国内GDP、年率11・7%増に下方修正 10~12月期改定値

 内閣府が9日発表した令和2年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は、物価変動を除く実質で前期比2・8%増、年率換算で11・7%増だった。プラス成長は2四半期連続。設備投資や民間在庫変動が下方修正され、速報値の年率12・7%増から1・0ポイント下方修正した。一方、2年通年のGDPは前年比4・8%減で速報値から据え置いた。

 財務省が2日発表した2年10~12月期の法人企業統計など、速報値公表後に明らかになった統計を反映した。

 10~12月期の項目別では、設備投資が速報値の前期比4・5%増から4・3%増に下方修正。GDP算出の基礎統計となる法人企業統計の設備投資額が前年同期比6・1%減と下振れしたことを反映した。

 民間在庫変動も速報値段階の推計値よりGDPの押し下げ幅が拡大。特に年末にかけて不足した液化天然ガス(LNG)や原油の在庫減が影響した。その結果、実質GDPの押し下げ幅は速報値の前期比0・4%減から0・6%減に下方修正された。

 政府の需要喚起策「Go Toキャンペーン」が追い風となった個人消費は2・2%増、海外経済の回復の恩恵を受けた輸出は11・1%増で、いずれも速報値と変わらなかった。

 より景気実感に近いとされる名目GDPは2年10~12月期が前期比2・3%増(年率9・6%増)、2年通年が前年比4・0%減で、いずれも速報値段階から下方修正された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ