PR

ニュース 経済

景気動向、判断を上方修正 1月現状指数3・5ポイント上昇

 内閣府が8日発表した1月の景気動向指数(2015年=100、速報値)は、景気の現状を示す「一致指数」が前月比3・5ポイント上昇の91・7となり、3カ月ぶりに改善した。基調判断は「上方への局面変化を示している」とし、5カ月ぶりに上方修正した。前月までは「下げ止まり」としていた。

 自動車や半導体などの輸出が堅調で、生産や出荷の指標が伸びた。雇用面にも好影響が及んでおり、有効求人倍率が改善したことも指数上昇に寄与した。

 数カ月先の景気を映す「先行指数」は1・4ポイント上昇の99・1で、2カ月ぶりの改善となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ