PR

ニュース 経済

NY株反落、143ドル安 利益確定売りが優勢

 2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比143・99ドル安の3万1391・52ドルで取引を終えた。前日に600ドル超の大幅上昇となったことを受け、利益確定売りが優勢となった。

 米追加経済対策や新型コロナウイルスワクチンの普及で景気回復に弾みがつくとの期待感が引き続き強く、下値は限られた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は230・04ポイント安の1万3358・79。

 個別銘柄では、半導体のインテルやITのアップルの下げが目立った。化学のダウは上げた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ