PR

ニュース 経済

トヨタRAV4に発火の恐れ 米当局調査、186万台

 米道路交通安全局(NHTSA)は1日、トヨタ自動車のスポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」の初期調査を始めたと明らかにした。バッテリーに発火の恐れがあるため。対象は日本で販売されていない車種で、2013~18年型の約186万台。

 バッテリー付近で発熱や発火があったとの報告がこれまでに11件寄せられた。大半は走行中に発生しており、急にスピードが落ちたケースもあった。過去の修理などが要因となった可能性も考えられるが、他社と比べて報告件数が多いため調査すると説明している。

 トヨタは声明で「NHTSAの初期調査は認識しており、調査に協力していく」と述べた。

 RAV4は人気車種で、20年の米新車販売台数がトヨタ車の中で最も多い約43万台だった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ