PR

ニュース 経済

農水省、会食同席問題で次官ら6人処分 農水相は給与自主返納

衆院予算委員会でアキタフーズ問題に関する答弁を行う野上浩太郎農水相=25日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会でアキタフーズ問題に関する答弁を行う野上浩太郎農水相=25日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 贈収賄事件で在宅起訴された吉川貴盛元農林水産相と鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループ元代表との会食に農水省幹部が同席していた問題で、農水省は25日、会食に要した費用を利害関係者であるアキタフーズが負担していたのは国家公務員倫理規程違反だとして、枝元真徹(まさあき)事務次官ら5人を減給や戒告の懲戒処分とするなど、現職幹部6人を処分したと発表した。

 懲戒処分の5人のうち、枝元氏と水田正和生産局長、伏見啓二大臣官房審議官は減給10分の1(1カ月)。渡辺毅(つよし)畜産部長と望月健司農地政策課長が戒告。懲戒処分以外では、犬飼史郎畜産振興課長を訓告とした。

 現職幹部6人と同じく会食に同席した富田育稔元畜産部長は、既に退官しており処分対象から外れた。

 また、野上浩太郎農水相は、大臣給与1カ月分を自主返納するとしている。

 問題の会食は、平成30年10月4日と令和元年9月18日の2回。同じ東京・日比谷の和食店で開かれ、吉川被告が農水省幹部を誘い、元代表がその場にいた。アキタフーズが元代表に使用を認めていたクレジットカードの支払い記録から、2回とも同社が会食費用を支払ったことが確認された。

 倫理規程は、利害関係者の負担で飲食を共にすることを禁じている。農水省幹部は、同席していた政治家が費用を負担したと認識していたと説明したが、農水省は「その場で費用負担について確認しなかった過失がある」として、利害関係者からの接待と認定した。

 会食費用は、平成30年10月が1人2万2034円、令和元年9月が2万3270円。合計額の最高は、2回の会食とも同席していた伏見氏と望月氏の各4万5304円だった。富田氏を含む7人は、25日に全額をアキタフーズに返した。

 加藤勝信官房長官は25日の記者会見で「国民の疑念を招く誠に遺憾なものだ。大変重く受け止めており、政府全体として改めて倫理の徹底を図る」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ