PR

ニュース 経済

石垣食品で個人情報流出 不正アクセス、224人分

 麦茶などを製造・販売する石垣食品は25日、子会社が運営する業者向け販売サイト「Kenko卸.com」に不正アクセスがあり、224人分のクレジットカードの氏名や番号などが流出した可能性があると発表した。一部の顧客で不正利用された恐れもあるという。

 不正アクセスは、令和2年10月9日にクレジットカード会社からの連絡で発覚し、同サイトのカード決済を停止した。調査で元年10月21日から2年10月9日の間にサイトで商品を購入した顧客の情報が流出し、一部が不正利用された可能性があることが分かった。

 システムの一部の脆弱(ぜいじゃく)性をつかれて不正アクセスされたとしている。石垣食品は、公表が遅れた理由について「不確定な情報の公開は混乱を招くため、調査結果やカード会社との連携を待った」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ