PR

ニュース 経済

米ゼロ金利24年以降継続も FRB、物価2%未達なら

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は24日の米下院の金融委員会で、平均2%の物価上昇率目標を達成するには「3年以上かかるかもしれない」と述べた。FRBは既に昨年、事実上のゼロ金利政策を2023年末まで続ける考えを示しているが、物価目標が未達であれば24年以降も政策金利を据え置く可能性を示唆した。

 パウエル氏は「世界中にデフレ圧力がある時代に生きており、基本的に全ての主要先進国の中央銀行が2%(の達成)に苦しんできた」と指摘。「達成できると信じている」としつつも、より時間がかかる可能性はあると話した。

 完全雇用に近かった新型コロナウイルスの流行前の景気拡大期にも「問題となるインフレは見られなかった」と分析。低失業率を再度実現できれば「低・中所得の地域や女性らが恩恵を受けられる」とした。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ